10th June Dresden ヨーロッパツアー最終日

ヨーロッパツアー最終日のドレスデンは大きな音楽祭のトリを飾るEricさん。コンサートはJan Volger とおっしゃるチェロ弾きの方がアコギセット全体に参加されてたそうです。Youtubeで見るとちょーっと企画倒れだった様な、、、どうせならあと数人入れて、オーケストラナイトみたいなのに一曲でもすれば相当話題だったでしょうに。

曲はHigh Timeも出てしまう先祖返りしての日本から始まるイギリス、ヨーロッパツアーの終了です。次回は9月のUSA西海岸になりますが、さてどうなるのやら???楽しみですね。

  • 01. Pretending
  • 02. Key To The Highway
  • 03. Hoochie Coochie Man
  • 04. I Shot The Sheriff
  • 05. Driftin‘- with Jan Vogler
  • 06. Nobody Knows You – with Jan Vogler
  • 07. Tears In Heaven – with Jan Vogler
  • 08. Layla – with Jan Vogler
  • 09. Running On Faith – with Jan Vogler
  • 10. Tearing Us Apart
  • 11. Holy Mother
  • 12. Crossroads
  • 13. Little Queen Of Spades
  • 14. Cocaine
  • 15. High Time We Went (encore)

08th June Mannheim

ヨーロッパツアーも残り2回になった、ドイツはマンハイムですが、2001年の日本ツアー以来になるLaylaのアコギとエレキ両方だったそうですね。大陸でもエレキ版復活です。10日のドレスデンでしばらくお休みですが次も楽しみですね。

01. Pretending
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Driftin‘
06. Nobody Knows You When You‘re Down And Out
07. Tears In Heaven
08. Layla (acoustic)
09. Running On Faith
10. Tearing Us Apart
11. Holy Mother
12. Crossroads
13. Little Queen Of Spades
14. Layla (electric)
15. Cocaine (encore)

Vienna 06th June

ヨーロッパ2日目、ウイーンはベルリンと同じセットだったそうです。ヨーロッパはこれで決まりですね。

シャツをジーンズにインするのが珍しい(笑)

1. Pretending
2. Key to the Highway
3. Hoochie Coochie Man
4. I Shot the Sheriff
5. Driftin’
6. Nobody Knows You When You’re Down and Out
7. Tears in Heaven
8. Layla
9. Running on Faith
10. Tearing Us Apart
11. Holy Mother
12. Crossroads
13. Little Queen of Spades
14. Cocaine

6/4Berlinは

ベルリンからのヨーロッパツアー始まりましたが、注目の演奏曲はロンドンの驚きまではいかなかったようですね。やはりロンドンは特別?
4th June 2019
Mercedes-Benz Arena, Berlin, Germany

1. Pretending
2. Key to the Highway
3. Hoochie Coochie Man
4. I Shot the Sheriff
5. Driftin’
6. Nobody Knows You When You’re Down and Out
7. Tears in Heaven
8. Layla
9. Running on Faith
10. Tearing Us Apart
11. Holy Mother
12. Crossroads
13. Little Queen of Spades
14. Cocaine
15. Before You Accuse Me

やっとツアー記UP

ロンドンから戻ってもう一週間になろうかと。日が経つのが早いです。内容無いけどこうなると自分の備忘録としても書き留めとかないと全部忘れるのでツアー記をUPしときました。

こういうのがすごい

ロンドンから戻って数日、まだツアー記も手付かずですいません。近年Youtubeでなんでも見れるのであえて言わなくてもいいわけですが、関心したいくつかの一つ。

I shot the sheriffですが、毎回歌の途中ブレイクしてEricさんが声高に叫ぶシーンがあります。これは最終日16日のですが、この日Ericさんがここを叫ばないという滅多に無い状態になったのですが(4:11くらい)、まあ何事もなかったかの様なみんなのリカバーがさすがです。ボーカルの女性二人多少焦ってますが、誰も横も見ずしれーっと次の回で叫んで続けられるのが素晴らしい。自分らのバンドなら止まっちゃいますわ。バンドってこういう所なんだよなあ大事なのはと思う今日この頃。

数曲変わると印象変わります

だいぶコンサートの印象が新鮮でした。色々やってくれると素直に嬉しい(笑)今回も真のかぶりつきで至高の二曲を拝聴しました

May 13, 2019 Set List:

01. Que Será,Será

02. Motherless Children

03. Key To The Highway

04. Pretending

05. Hoochie Coochie Man

06. I Shot The Sheriff

07. Driftin’

08. Nobody Knows You When You’re Down And Out

09. Tears In Heaven

10. Change The World

11. Running On Faith

12. Tearing Us Apart

13. Holy Mother

14. Crossroads

15. Five Long Years

16. Layla

17. Purple Rain (encore)

RAHは熱かった

東京からちょうど一ヶ月、ロンドンの初日は曲目が大幅に変わって驚きました。詳細はまたあとで。