Clapton Index Page

Report First page

Song Impression 1

Song Impression 2


 

23 and 24 May 2013  Eric Clapton UK Tour  RAH


RAHへ

いつもですが、RAHは19:30〜前座が始まります。これが時間的には微妙です。
食事をまともにするには時間無いし、なんにも食べないとお腹すいちゃうし。

微妙に雨。結構寒いです。
前のまでは暖かかったそうですが、結構日本からいきなり行くと肌寒い感じです。
ホテルに紹介してもらったパブが混んでて時間かかりそうだったのでそのままタクシーでRAHへ。



tix

いつものRAHのチケット


いつもの行事


さて会場着いたらまずは グッズの購入を。
更に最近ますますこういうのがどーでもよくなっているので最小限のTシャツ少しと、キーホルダー、バンダナにピックセットを一つ購入。
50ポンドの限定600枚だかのポスターはぐっとこらえて買いませんでした。

プログラムは、制作に関わったお友達の人が去年はもう少し違う事言ってましたが、これはこれで50年のツアーの日にち全部やチケット等を載せるというすご い事で非常にいいプログラムではないかと思いました。

客層は、中年以上の大人の方の多いこと・・・・
ごく普通の40〜50代を中心に若い人も結構いるかな?
騒ぐのもいなきゃ、奇想天外な服装をしている人も皆無。
実にレベルが高くてよろしいです。


いつも会う日本人のお友達が数人。
なかなかこういう会場でしか会いませんが、会えるとなぜかものすごくうれしくなります。
外人の方にもご挨拶して、始まるのを待ちます。
goods


まずは前座から

前座で登場されたGary Clark Jr さん。
お友達がなかなかいいよ、と言っていたので興味ありました。

で、これがなかなか聞いてて気持ちの良い音で 良かったです。曲調というか、フレーズというか、エリックさんに繋がる我々エリックさんファンには受け入れ易い音でとてもGoodでした。



 
Gary

結果的 には23日と24日で少し曲が違い、結構トータルでは多くを聞けたので大満足でした。
23,24日連続、一緒に書いちゃいます。

エリックさんご登場

ほぼ20時半にエリックさんご登場です。
RAHだけで5月17日から5回目になるエリックさん。だいぶ余裕でにこやかにご登場です。

お久しゅう〜

ん〜ベストにグレーのシャツがカッコいいで す。(24日は青いポロシャツ)


01. Hello Old Friend (23,24)


今回のツアーで話題になっていたこの曲。
日本ではやっていない???
当然聞いた事ないはず。
昔エリックさん本人は結構やっていてビデオとか見ていたですし、76年のNo Reason To Cryのアルバムは私は実は結構好きなのでずっと聞きたかった1曲でした。
00028ECをかついで立っての演奏も新鮮。
あまりごちゃごちゃやらずにマーチンをかきならしだしました。
いいねえ、いいねえ。イントロがそれっぽいです。


スティールギターのGreg Leiszさんが今回参加されていて、以前の誰かの様にある意味ぐちゃぐちゃにして欲しくなかかったのですが、実にさわやかなペダルスティールで心地よ かっ たです。
どの曲 も原曲に近い感じに なっていて、すごく良かったです。

題名の通りで、古いお友達お久しぶりって感 じで実にいいオー プニング曲な選曲ではと。

02.  my  father's eyes


今回のツアーで久々に復活したこの曲。
日本では2003年の広島で聞いたかなですが、Pilgrimツアー時にアメリカとか行って良く聞いた大好きな歌でうれしい。
これもUnpluggedまではアコギじゃないけど、そのまま00028抱えてのこの曲は初めてだし、スティールギターがいい感じで原曲聞いている様です ごく良かったです。


間近で押さえるコードを確認。だいたい合っているなと。
(このコード進行はほぼほぼBrokenHeartedと同じなのがグーです)






ec
カキならし感がたまりません
















03. Tell the Truth


ギターを交換してECグレイのストラトへ。茶 色の太めのストラップがグーです。

今回はワイヤレスじゃなくてケーブル引っ張っ てましたね。


力強く始まるこの曲もいつの日本公演からずっと定番になって、まあちょっと飽きてはいますが、

結構ハードにディストーションきかしたギター がとてもパワフルでグーでした。

ここで思ったのがドイル君。
ドイル君なんかうまくなった感じします。
どうしても引っかかるというか、音が繋がらない感じだった彼ですが、今回全般的にとてもスムーズだし細かいフレーズをアクセントで非常に多く弾いていてと ても好印象でした。
この曲でもスライド使ったソロとかとてもグーでした。



04. Gotta Get Over


当然初めて聞く、新ア ルバムからの曲。

http://www.youtube.com/watch?v=7w_Kfa-EXx8


05. My Woman got a Black Cat Bone


私は初めてですが、 Hop Wilsonさんて方の曲でスティールギターな曲なのですかね。
結構いろいろな方がカバーされているテンポよいブルースです。


06. Got To Get Better In A Little While

121212コンサートではドラムのジョーダ ンさんとベースのウイークスさんの3人でなんか厳しそうなあまり迫力ある感じはしませんでしたが、今回のツアーは迫力ありましたねえ。
ゴチョゴチョ鳴らしたあと、グーんとディストーション利かしてイントロ始めると、CryBabyのワウワウも踏んで一気にハードロックへ。
2日間ともソロも良かったし、非常に迫力ありました。


この頃になると今回の曲がみんなアップテンポで軽快なのにしっかりタイトなリズム、というのに感心していましたが、このリズムのジョーダンさんとウイーク スさんのリズムは正確無比で非常に高性能でしたねえ。
この二人が今回のツアーの基礎となっているのは明らかで、非常に心地よかったです。

ec
ワウワウワウワウ〜




07. Come Rain Or Come Shine

言わずともRiding with the KingでBBKingと取りあげていた Harold Ardenさんの歌ですが、これを今回参加のPaul Carrackなるキーボードの方がBB部のボーカルを担当します。

この方、歌がめっちゃうまくて、エリックさんに合うというか違和感なく、非常に好印象でした。
ECバンドのメンバーとしての出しゃばらなくスマートな演奏にとてもグーでした。

エリックさん、こういうバンドメンバーに合わせて選曲しているのでしょうかね。
非常にいい選曲でしたし、初めて聞けてとっても良かったです。

この方、中堅どころで結構有名な方だそうで、御見それしました・・・

ec
 


<23日>
08. I Shot the Sheriff



今日はどんな感じなんだろう?、ここらから通常2通りのパターンに曲が分かれて行くのでワクワクです。


と、ワンツーと声かけてすぐにいつもの印象的なI shotのイントロが始まります。

....................♪

近年のツアーではこのI shotが盛り上がりの1曲になる事が多く、少しは期待していたのですが・・・・

その場で居た時、その演奏中、終わった後、今までで一番ゾクゾクしたかも、な最高の絶句もんな演 奏でした。


YouTubeにもあるので載せますが、

http://www.youtube.com/watch?v=f0xeqQ2Habw

後で見てこれが本当に最高なのか?後からこういう映像を冷静にみるとなんかそうかなとも思います が、本当にすごかったです。


5;45あたりの繰り返しなフレーズや6:24あたりからのソロは目の前の私ら観客はみんながざわついてくる様や、みんなが目を輝かせる様含めて、その場 の全員が鳥肌立てる様な演奏で、直後に総立ちのスタンディングオベーションになりました。


すっげー〜、思わず同行者に叫びましたが、みんなそんな感じだったのであたしだけじゃなかったと は思います、ははは


しっかし本当にすごくて良かったです。
68歳?最後のツアー?
まだまだ行けるでしょう〜


 ec


<24日>
08. Badge

24日もI shot 聞きたかったけど、同じもつまらないし・・・ブツブツ

始まったのは、もう1 パターンのBadge。


これはもう要らない、という方も多いですがわたしは大好き。
自分的ファン歴上最も初期から聞いている1曲ですし、40年以上前から聞いているのをいまだに新鮮にやってくれるなんて事自体が幸せな事です。
てわけで一緒に歌ってドイル君も声援送って、わたしには楽しい曲です。


 



ec
24日はポロシャツ

<Sitting>
09. Driftin'

お座りセットでの興味は日本人の有名なお友達から入手した??とか言われるきれいな青い マーチンです。
またそのうち売りだすんじゃないだろうなと思いつつ待っていましたが。

23日はあららら、おおお今日は違うエレキギターもって登場だあ。
詳しいお友達によると、、近年モノのL5ではとのこと。

これがGibsonの音が良くてしびれました。
あまりエレキでのDriftin'って聞いていないのもあって、わたし的にはこのエレキ版がお気に入り。
ともかくギブソンの音が最高でしたし、エレキなりのフレーズでしびれました。

24日は青いマーチンでご登場。
これもきれいな細かい傷も無いほどによく管理されたとてもきれいなギターでした。
それなりにつま弾いていました。


<23日>
10. Further On Down The Road

新アルバムからもう一曲。
これも聞けて良かったです。


<24 日>
10. Nobody Knows You When You're Down And Out

23日は聞けなかったので日替わりってことで普段何度も聞いていると飽きちゃうこの曲も新 鮮でGoodでした。


ec
L5(23日)

ec
青いマーチン(24日)


では次のページ







[ Shun&Lisa HomePage ] [ Index][ Impression 1 ] [次はここImpression 2