Clapton Index Page

Report First page

Song Impression 1

Song Impression 2


28 July Crossroads Guitar Festival .

10. Presence Of The Lord
http://www.youtube.com/watch?v=g8YTw2JSvw0

大昔からずっと聞いていてなんの違和感も無くイントロ(なんかちょい変だったが)を受け入れましたが生でこ の曲は聞いたこと無かったのではと。
この曲を聴きに来たようなもんですからしっかりと聞かないと。
おおおウインウッドのおじさんの声は当時のレコードのまんまですなあ。
へえ、オルガン弾くんだあとそんな 簡単な ことまで感心しながらうれしくてたまりません。
間奏のワウワウソロも決まっててますますウルウルしました。

 

load
これが聞きたく・・・・

11. Can't Find My Way Home
http://www.youtube.com/watch?v=VoTzkWLackQ

次はこれ。ウインウッドおじさんはギターに持ち替えて歌います。この曲はクラプトンのツアーでは日本 でも昔から何度も演奏さ れていますが、近年ではベースのネーザンさんがボーカルとっていました。
やはりBlindFaithのレコードまんまのウインウッドさんの歌によるこの曲はいいですね。

ウインウッドさん間奏のギターソロやるんだあ・・・。

home
ええなあ・・・


12. Had To Cry Today
http://www.youtube.com/watch?v=loviXCRVuNA

次のこれもBlindFaithもので、すでにこれも5月にイギリスでやっているの で違和感は無いですが、わたしは正直この曲で育たなかったのでちょい冷静。

しかしだんだんわかってきましたが、ウインウッドさんギターよく弾けるな・・・・




(13. Dear Mr. Fantasy - Steve Winwood, no EC)
http://www.youtube.com/watch?v=moP35hVWS08
http://www.youtube.com/watch?v=RIdVRPj0Aq4

次はこれですが、Trafficの歌には馴染みが無いうえに御大疲れたのか引き上げちゃってこ ちらのテンションはやや冷静に。
しかしこうして数曲聞いていてウインウッドさんのギターは御大に通じる同じ部類のフレーズをもった人だなあと。
違和感無いどころか、どっちかがどっちかに教えたんじゃないのかと思うほど何気に似ています。

 
 



14. Cocaine
http://www.youtube.com/watch?v=rYRW1ckqRic

次はこれですが、これは本人が好きなのか必ずやりますね。
まあお付き合いの最後の”Cocaine!”さけびでストレス解消は、あれ、周りのアメリカ人はこの行事を知らない・・・・?
一人叫んでました。

しっかしティムさんのシンセ。私にはどうしても受け入れられない。なんで彼がずーっと一緒に居るの か。ん〜




15. Crossroads
http://www.youtube.com/watch?v=u8LRFugNzKY

なかなかカッコいい歌の入り方で始まったいつものこの曲です。
しかし今回はいろいろレアな曲が聞けたせいかここらの歌はちょっと満腹ぎみなのは贅沢すぎですね・・・
肩を組んで挨拶して引っ込んでしまいました。
しかも客も帰りだす人多数。
おいおいおいおい、まだ10時だぜ、もう終りかよお・・・・

隣のボストンのおっさんもこれで終りさ、あとはバデイガイの演奏さ、と言って帰り支度。
うっそー。
おもむろにバデイおじさんのショーが始まりました。
ここで帰るのも惜しいし聞いて行こうとは思うけど、おもったよりクラプトンセットがあっけなかったのでだいぶ戸惑いました。

しかし、
Mary Had A Little Lamb、Damn Right I’ve Got The Blues
単独で2曲やりましたがなかなかいいんじゃない。巨大なブルースクラブの様相でとても良かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=A361dMVathc




Eric Clapton with with Buddy Guy:
- Hoochie Coochie Man
http://www.youtube.com/watch?v=NRl3PAcqmNk

2曲終わると、ああよかった、御大再度ご登場です。
バディおじさんによるこの曲、えらいいいですねえ。やはりブルースは語ってもらわないと。バデイおじさんに仕切られると御大も言われるままに従っている様 が大変よろしいです。
バデイおじさんに曲の中で誉められてたのかウルウルしてますね。
観客の乗せ方やシャウトの盛り上がりなどさすがです。
というか御大もブルースに関してはまだまだですな・・・・

思いましたが、ブルースはMCですよね。しゃべらないと。
というのを前日のダウンタウンの小さなブルースクラブ行った時から思ったことですが、バデイおじさんのステージみていても強く感じました。
buddy
さすがシカゴブルースですな

Final Song with all artists:
- Sweet Home Chicago
http://www.youtube.com/watch?v=VJ0WzCJ1v00

もう終りかって雰囲気でしたが、御大がさかんにそでにみんな出て来いとさかんに声をかけてぞろぞろと出て着ました。
クレイおじさんが少年の様でよろしい。
BBおじさんが居ないのが寂しいですが、全員のジャムは楽しみの一つだったので幸せなこって。



Final Song with all artists:
- Stone Crazy

そのままもう一曲って感じで。

ちょっとジョンメイヤー君はでしゃばりというか、俺がオレがタイプか・・・
御大とバデイおじさんの中に常に割って入ろうとするのがやや意図的???
それに比べクレイちゃんは謙虚でよろしい・・・
 
jam
みなさん楽しそうで・・・

Final Song with all artists:
- Blues Jam (She’s 19 Years Old)

御大は終りかけたみんなに指を出してもう 一曲やるよ、と。
えらい上機嫌が伝わります。
ぶっつけ本番なのでしょう、伝言係があっちやってこっちやって、と伝えたりおっかなびっくりではありますが、みんな楽しげにやっているのが大変よろしいで す。
もう巨大なブルースクラブ状態ですね。
いいよいいよ、ブルースいいよととことん思いましたです。

いつもの100倍雄弁に挨拶もして最高の笑顔で去っていきました!


全体の印象としては、やはり迷いつつも行って本当に良かったなと。

こういうお祭りはレベルの高い演奏を望むというより、普段見られない人たちを見せてもらうのと、彼ら との競演を楽しむECを見に行くと言うことが主目的なわけなので演奏についてとやかく言うつもりはございません。

しかし実際は去年一年のツアーのバンドメンバーなのでやはり息もばっちり。そこにかつてのキーワード の人たちとの競演がちりばめられていた今回のショーは、過去の振り返りも含めた歴史整理の旅の一つであったかと思います。
2005年がクリーム、2006年がデレクアンドドミノス、そしてこのショーがザ・バンドやちょいレインボーとなによりブラインドフェイス。
いやあご本人はどこまで意図的かは知りませんが、こっちとしては、74年からの日本公演による生クラプトン前の、実体験していない歴史のすべてにちょこっ と立ち合わせてもらったようで幸 せの極地でありました。
これで60年代後半から全部実体験させていただいたわけで40年かあ〜ありがたやありがたや。

今回のシカゴでの1夜限りのショーは私も大正解だったかと思います。前回のテキサスの3日間も暑い場 所でやるのはやはり見るほうもやるほうも大変かと。それにいろいろと散漫になると思いますし。
今回くらいがちょうど良いです。

毎回同じこと言って申し訳ないですが、いつも国内10回より海外1回、それほど海外の公演は印象深いものですと言っていますが、今 回も全く同じに思いましたし、本当に 行って 良かったです。
特にクラプトンが出る屋外コンサートなんてもうあと数えるほどしか無いでしょうからもしも、欧米で単発屋外ライブでもあればぜひぜひ行かれる事をお薦めし ます。
行きたい人居ればツアーガイドくらいいたしますがいかが。


ありがとう Ericご一行さま、でした。

おまけ

今回はJALでシカゴ往復しました。
2泊4日コースの場合、フライトのクルーも同じメンバーですので、帰りの飛行機はコンサートどうでした?と迎えてくれて心地よく帰れます。

シカゴといえばアメリカでも最大級の空港ですし、さぞかし設備充実したワンダーランドな空港かと思ったらあららら、JALが使用するターミナル5は日本の 地方空港だってもっと立派だぜ、というほどちんけな空港に驚きました。
最近のアメリカの空港は入出国が大変だと覚悟して行ったら、なああああんも大変じゃないし、帰りの土産モノ屋なんてなああああんにも無いし。。。。

またシカゴで公演があるかもしれないということでシカゴに訪れた際には、
・空港からダウンタウンまでタクシー、レンタカーで約30分強。
・ダウンタウンはどこでも少し我慢すれば歩けちゃう
・観光施設は思ったほど無い。ビルばかり見学してても飽きる・・・
・NavyPierという観光船の発着場な場所、シカゴ美術館などはちょい観光にはよかった。
・ブルースクラブは行くべし!
ダウンタウンのクラブでも十分その雰囲気は楽しめる。
10$払って中に入って、4,5$くらいの飲み物(2杯飲めと書いてあるが)頼めば地元のブルースバンドが渋い演奏聞かせてくれる。
Blue Chicago on Clarkという店に行きましたが安全でダウンタウンの中でなかなかお手軽でよかったです。
http://www.odekake.us/chicago/column/shun_kikuta/blues.htm

最後に往復の飛行機から滞在時間の大半をご一緒させていただいたWさんには大変お世話になりましたのでこの場をお借りしてお礼を。
チョーサプライズもあって良かったですよね。またどっかで遊びましょう。
































me
終わった後だぶー




















































バンドメンバー
Eric Clapton - Guitar, Vocals
Doyle Bramhall II- Guitar
Derek Trucks - Guitar
Chris Stainton- Keyboards
Tim Carmon - Keyboards
Willie Weeks - Bass
Steve Jordan - Drums
Ian Thomas  - Drums
Michelle John , Sharon White- Backing Vocals

support
Robbie Robertson
Steve Winwood

Buddy Guy
Jimmie Vaughan
Johnny Winter
John Mayer,
Huber Sumlin
Robert Cray





[ Shun&Lisa HomePage ] [ Index][Impression 1 ] [Impression 2]