Clapton Index Page

Report First page

Song Impression 1

Song Impression 2


2nd,3rd,5th May 2005  CREAM Reuion at RAH.

Rollin' & Tumblin'

ジャックがベース(Gibson EB-0)を外して ハーモニカを持ちます。
FRESH CREAMでもやっていたクラプトンも現在までよく演 奏している この曲です。
ジャックがボーカルでハーモニカ持ってますので当然ベースは無し。
クラプトンはリーからスライド用のストラトをもらってボトルネック での演奏です。
ジャックのハーモニカソロはかなり頑張ってます。クラプトンもリズ ムを取りなが ら手数多く弾いています。
ジャックはバーにあるような背の高い椅子に腰掛けながらのソロで す。
ジンジャーのドラムは非常にアグレッシブで疲れ知らずです。


 



Stormy Monday

ジャックはベースを持ち替えます。(Warwick)
クラプトンもギターを戻します。今回メインは黒のストラトシグネチャ―ですがスライド用はレースセンサーのピックアップですがこれは最近のビンテージノイ ズレスのタイプです。

Stormy Mondayですが3人のブルースも聞きごたえあります。クラプトンのボーカル、なんかますます声の張りがいいというか、声が出ています。

印象でしかありませんが、2日のはなんかいつものECという感じでしたが、3,5日は客ののりもそう でしょうが、CREAMの曲という感じ(うまくいえないけど)が強くしました。
ソロにいつもの手癖が少ない感じが多くしたのが原因かな・・・
5日のは特に長くてのりが良かったです。


Photo credits : Mr O

Deserted Cities of the Heart

次はこれ。これも子供の頃大好きでVOLUアルバムのこれを毎日聞いて真似してましたから、これを今 こうして生で見れるのが嬉しくてウルウルしてしまいました。
ジャックのボーカルがいいです。クラプトンは少し長くなった髪の毛を振り乱しながらのソロでカッコいいです。
そう言えば少し痩せたかな・・・
ジンジャーのドラムも益々力強くまさにCREAMです!

すごいいいです!!!


Photo credits : Mr O

Born Under a Bad Sign

おおおお、次はこれですかあ・・・・
WHEELS OF FIREですな。最近のクラプトンの曲はアルバムや曲名が出て来ないですが、こういう自分的にも子供の頃一番聞き込んでいた曲達は今でもすっとなんのアル バムのどこ曲と出てくるので入りやすいです。

ジャックのベースもいいですが、何度も驚くのですがジンジャーのドラムがこれまたいいです。リズムが すごい正確でどんなに途中のソロがクラプトン、ジャック二人がどっか行っちゃっても崩れないです。
これがあるから、二人があのバトルを出来たんだな、って思いました。
やっぱりこの3人はすごいわ、と改めて思い知りました。

 
 


We're Going Wrong

次はこれですが、さっき言ったのとちょいと反しますが、もちろん曲はDISRAELI GEARSに入ってるよく知っている曲ですが、えーとえーと名前忘れちゃった、とまあいいかげんなのはいつものこって。

ジンジャーは先が大きな玉のついたスティックで叩いてます。
エコーを全体に強くかけた演出も手伝って神秘的なというか60年代をうまく表わしていたと思いました。
クラプトンのギターで今回すごく思ったのは近年のソロでの手癖が少なく、完全にクラプトンのソロコンサートとは違ったCREAMというバンドを実感できた ことです。もちろん今も昔もクラプトンに変わりないですが、クラプトンのコンサートを見にきている感覚が皆無なのが今回とてもいいです。
これは8分以上になるいい曲でした。


Photo credits : Mr O

Crossroads

このイントロ始まります。
今回のこの曲で新鮮だったのはなんと言ってもCREAMといえば早いテンポ!これでやってくれた事でしょう。

ジャックのベースがこれがまたCREAMのベースラインそのものでクラプトンのいつものコンサートで のベースとは全然違ってこれだよな、という感じです。

ギターソロは出来ればかつての名演奏をコピーしてくれればいいんですが、まあそこまでは言わないで も、十分CREAMのCROSSROADSでした。嬉しい!
エンディングもライブVOLUの通りだったし。

声援もひときわ高く、またまたスタンディングオベーションです。

今回スタンディングが多いのはやっぱりアメリカ人が多いからじゃないでしょうか。 


Photo credits : Mr O

Sitting on Top of the World

次はこの曲です。
ジャックの前にはスタンドにハーモニカがセットされ、ジャックはハーモニカを吹きながらベースを弾いています。
ジャックはボーカルもいいし、ハーモニカのソロも非常に良かったです。
とても3人でやっているとは思えない濃い演奏であるのを改めて思い知るわけですが、この3人やっぱりただ者では無いなと。




White Room

やっとこの曲です。ジンジャーのドラムパターンが最初のジャーんダダダダの部分でちょっと変わってま す。
3回目にジャーんダダダダダダダと多いんです、ってわかりませんね。DVD出たら確認してください。

ボーカルはジャックです。で、途中のI'll wait in this place
の部分をクラプトンが歌います。私のアホな記憶ではクラプトンがこの部分をボーカル取るのを聞いたことあり ません。しかしいいです!!!
あなたこの部分歌えるじゃないですかあ・・・・・!!
すごいいい声でカッコいいです。

その後3番になるとクラプトンが歌を取って、途中をジャックに代わります。5日はジャックが忘れてて 大慌てでマイクに走ってきてみんな笑ってました。
クラプトンソロ、5日はワウ踏んでからソロに入りましたが大声援。
私にはこの曲はクラプトンやCREAMを知ったそのものでしたし、以後30年以上このときを夢見てきた曲ですし、それをRAHでこうしてみていることが信 じられないほどの高揚感でした。
泣いちゃうかなと思ってましたが、それも通り過ぎた感じで放心状態?でした。



Toad

そろそろ時間的にも終演に向かってます。
何をやってしめくくるのだろう???
すると、おおお、昔からイントロだけは良く聞いた嫌な奴じゃあありませんか。(すいません昔は正直ドラムソロ長くて聞いてられなかったです)
えええ、これってドラムソロですぜ!?やるの?
心配は全く不要で、ジンジャーさん、毎回7,8分のドラムソロではじけてました。すごい!
クラプトンとジャックはステージの陰になるそでにある椅子に座って歓談しながらジンジャーを見ています。

エンディングの部分を弾きに戻る頃にはアリーナはステージ前に殺到して大混雑。


Photo credits : Mr O

Sunshine of Your Love (Encore)

最後はいつも?のこの曲。CREAMにとっても最大のヒット曲でもあるわけですし最後にはふさわしい わけです。
観客席は総立ちです。ジャックとクラプトンはボーカルを入れ替わり取りながらの演奏です。しかし何度も言いますが、やはりジャックのボーカルがあってこそ のCREAMだとつくづく思いました。

終わると猛烈な声援で会場は興奮の渦でした。
全員が非常に満足げな表情でホールを後にしていました。

全部終わって約1時間と50〜55分ほど。5日はここまでで2時間くらいでしたので5日は長くやって いたと 言うことでのりもよかったようでした。



全体の印象としては、夢のような、という言葉しか無かったです。もちろんCREAMとしてすべて初め て生で聞く曲ばかり、しかも自分の原点となる曲ばかり。
どれもが昔レコードを擦り切れるほどに聞いた曲ばかりで少年の頃の自分のギターをコピーしている姿が目の前のCREAMの姿と共にはっきりと頭の中でフ ラッシュバック映像になっていました。

最初は同窓会的な雰囲気で演奏もそこそこ気分だけでりゃいいじゃないか、となるのかなと思ったりもし たのですが、そんなの失礼極まりない思い込みでした。
CREAMの3人はなんでも数週間のリハーサルを行って臨んだそうで、演奏もただの昔の名前のネームバリューでどうでもいいだろなんて事は一切無く、36 年前と変わらない素晴らしいショーを見せてくれました。

今回の公演は年令層がいつものクラプトンのツアーにまして年令の高い人が多かったように思いました。 またイージーライダーのごとく、アメリカのロック親父みたいな人(長髪を後ろで束ねた様なおっさん)もたくさん見かけました。
隣の人に挨拶すればカナダから来た、アメリカだドイツだ、とそれこそ世界中から来ていました。(自分らが一番遠いので一番驚かれますが・・・)
たぶん37年前にこの場でCREAMを見たという方もたくさんいたのではないでしょうか。
有名ロックアーテイストも多数来ていたそうです。

いつも国内10回より海外1回。それほど海外の公演は印象深いものですと言っていますが、今回はこれっきりのスペシャルコンサート でしたので本当に行って 良かったです。

私は70年頃CREAMを聞いてCREAMとクラプトンに入ってきたので自分にとっても35年間のあこがれの実現だったわけです。
今回のこの19曲のCREAMを聞く為に自分の35年のファン歴があったと言っても過言でありません。
帰ってからその気持ちは高まるばかりです。

初めてCREAMを生で聞いてこの3人だからこそCREAMなんだというのがよくわかりました。正確で力強いジンジャーのドラムと、ベースラインだけでな い複雑な音を繰り出すジャックと、そして弾きまくるクラプトンのこの3人の音の集合体だからこそCREAMになるのだと。
CREAMに出会えてから35年してこの場でこうして初めて見れて本当に幸せでした。ジンジャー、ジャック、エリックに本当に感謝です。
ありがとう CREAM!!


Photo credits : Mr O

バンドメンバー

Eric Clapton - Guitar, Vocals
Jack Blues - Bass, Vocals
Ginjer Baker - Drums  Vocals

No support
 


Photo credits : O

[ Shun&Lisa HomePage ] [ Index][Impression 1 ] [Impression 2]