Clapton Index Page

Report First page

Song Impression 1

Song Impression 2


4th and 5th May. 2004 Eric Clapton Europe tour at RAH 2.

Kind hearted woman blues

ギターをCrash3に持ち替えてでも座ったままです。
座ったままのせいなのか?大きく盛り上がるという感じではなかったです。

 

Photo credits : Mr F

Got to get better in a little while

印象的なイントロとDoyleさんのワウワウも手伝って初めて聞くこの歌はなかなかかっこよいです。
途中のソロもたくさん弾いて、後半のボーカルも力強くてGoodでした。



Have you ever loved a woman

そのままイントロが始まります。
この曲はメインはBillyさんです。彼のオルガンパフォーマンスに客もバンドも聞き惚れて見とれてしまいます。大歓声もほとんどBillyさんのために あるようなパフォーマンスを毎回見せてくれました。

 


Photo credits : Dominos

Badge

いつものBadgeですがやはりこれも女性ボーカルが入るといいですな。
最後はドイル君がソロを頑張って終わります。

 
 


Wonderful tonight

せっかく女性ボーカルいるんだから後半のハモでもやればいいんでしょうが最近の短いバージョンです。
まあこれもお約束ってことで。



Layla

いきなりイントロ始まります。
今回のこの曲で新鮮だったのはなんと言ってもドイル君の後半ピアノ部分でのスライド。
なかなか原曲をよく勉強した似たフレーズを連発していました。
全体的にもっとでしゃばるかなと思ったですが、なかなか黒子に徹しながらツボを抑えているなと。

 


Photo credits : Dominos

Cocaine

Laylaが先で最後のクリスさんのピアノの所でワンツースリーとやってこの曲に入るというのも初め てですが、企画ほどでは無いかなと。やはりLaylaは最後に持っていったほうがよろしいのでは?
EC、ドイル君とソロしますが、ドイル君の時はドイル君のアンプの所まで下がって教官のような目つきでドイル君をみていました。

一旦袖に引っ込みます。


Photo credits : Mr F

Sunshine of your love

アンコールはいつもの様に始まりますが、曲の出だしではRobert Randolphいません。
結局最後のソロあたりに袖からおもむろにRobertさんが登場。こういう登場の仕方ですか。そしてソロを取っていました。
が、
私はこのRandolphさんのスチールギターをひずませてガンガン、というのは違和感あって初めての日に受け入れることは出来ませんでした。



I got my mojo working (with Robert Randolph)

Sun shine 終わるとすぐに日本公演でも やったこの曲を。
みなさんソロ取ってますが、相変わらずRandolphのは受け入れられません・・・・
最後バンドをブレークした時にもRandolphしつこいほど弾いてますが私には・・・・・

 

 
Photo credits : Mr F

もう終り

全部終わって約1時間と50分ほど。
前回の日本や普段のツアーよりやや短いコンサートになってました。

全体の印象としては、中盤まで新曲や久ぶりな曲など盛りだくさんで私にはとても楽しいコンサートでした。
後半のいつもの曲のオンパレードになってからはやはり流している感が強く、でもまあ歳ですし明日の体力温存は仕方無いとは思うので別に不満ということは無 かったですが、こういうライブのスタイルなんだろうなと去年の日本に増して自分に言い聞かせたというのが正直な所です。

でも地元RAHでののびのびした演奏は本当に良かったです。

一度行ってみたいけど、なかなか行動出来ない貴方!
ロンドンやNY等の公演なら観光とショッピングとコンサート織り交ぜた普段と違った旅行が出来ることうけあいです。
知っている事はお手伝いしますのでぜひ出かけてみてはいかがでしょう。
迷っている暇はありません。あと20年もこの調子でツアーやっているわけ無いんですから・・・・

いつもですが、国内10回より海外1回。それほど海外の公演は印象深いものです。

Photo credits : Mr F

バンドメンバー

Eric Clapton - Guitar, Vocals
Nathan East - Bass, Vocals
Chris Stainton - Keyboards
Steve Gadd - Drums
Doyle Bramhall II - Guitar, Vocals
Billy Preston - Hammond Organ, Keyboards, Vocals
Sharon White - Backing Vocals
Michelle John - Backing Vocals
 


Photo credits : Dominos

[ Shun&Lisa HomePage ] [ Index][Impression 1 ] [Impression 2]