Clapton Index Page

Report First page

Song Impression 1

Song Impression 2


 

th th May. 200 Eric Clapton Europe tour at RAH.


RAH

久しぶりです。

4日はドアオープンの時間と思ったら前座の始まる時間だったのですでに大半の入門終わっているの か比較的にスムーズに入れました。
5日は時間はわかっていたので、直前までUKに住む友人と近くのホテルの地下のレストランで食事を。このあたりあまり食事する場所無いのでいい所見つけま した。

着くと、自分用のみやげにギターピックセット7ポンドなりを買ってから階段上ってホールの中へ。



Photo credits : Mr F


さあ始まりだ

19:30からということでし たが、まだ席は半分しか埋まってません。
というかみんな廊下のBarで飲んでいるというか・・・
まずオープニングアクトは
Robert Randolph & The Family Bandさんという人の前座なので見てみることに。

印象は、ん〜〜
ハワイアンバンドのようなスチールギ ターでワウ使ったり歪ませた音でのソロには驚きました。スチールギターって正直あまりロック的な音には向いてないような・・・・
あたしの様にセンスの無い田舎モノにはこういう音楽はわかりません。
2日めは全く見ませんでした。


Photo credits : Mr F 


Let it rain

いよいよご登場!
お久しぶりと言っても去年の日本ツアーから半年 たってませんのであまり印象的に違った感じはしません。
特に話す事も無くすぐにイントロへ。
この歌は簡単ですし、ウオームアップにはいいのではないでしょうか。

私はこの曲は学生時代のバンドの持ちネタでもあったので昔から大好きでしたが、改めてなる ほどそうやって弾くのね、という再認識も多くてよかったです。
Doyle Bramhall IIさんのギターもなかなかよろしい。
5日は黒いスーツでかっこよかったです。

 


Hoochie coohie man


今回は女性ボーカルが随所 にコーラス入れるので今までとだいぶ違った印象な仕上がりになっていてなかなか良かったです。
ソロはクリス、ドイル、ビリー、ECと続きます。

 


Walk in the rain

3曲目はこれ。
ほーほー。
曲は事前にあるのはわかっていましたが、実際Backlessのこの曲を今聞けるとは実に懐かしいです。
多少あっけなかったですが、こうして彼のキャリアの終盤に向かって70年代のレアな歌が聴けるのはうれしことです。
ドイル君のスライドも冴えてます。

 
Photo credits : Dominos


I want a little girl

ありゃ、RAHからBellBottomに 変わってこっちです。
これは自分的にはそんなに思い入れないのでBellBottomの方が良かったです。
途中のソロがやたら手数多く弾いていたのはなかなかよろしかったですが。

 

 


I shot the sheriff

5曲目はこれ。
日本公演でもそうでしたがIshotがこんなカッ コいいのかと改めて思う素晴らしい演奏でした。
始まりはECだけのGmのコードをかき鳴らすところから始まります。
この歌もI shot the sheriff〜と女性コーラスが入って音は厚いし、ドイル君のワウを使ったフレーズが間に入っててこれも非常に効果的でした。
流れるようなおとなしいソロが綺麗で次から次へと音が溢れ出し、だんだん全体の音が大きくなってもそのまま手数多く弾きまくっていつもの最後のフレーズも 決まり、すごいカッコよかったです。
これが特に4日一番だったかなと。

 


Me and the devil

6曲目は新アルバムからの曲です。
黒のマーチンでDolyeとNathenと3人で座って始めます。
あらら直前までのコンサートではMilkcowsをやっていたは ず なのに・・・
RAHになってから変更になった曲で初登場?。
ここでもドイル君はスライド使って効果的です。
 

 

Photo credits : Mr F

They're red hot

再びバンド全部になって軽快に始まります。
ChrisさんとBillyさんのキーボードもなかなかよろしいようで。
この曲単純な歌ですが、なかなか印象に残ってよろしいです。ギターコードもC A D7 G7と簡単で。

 
Photo credits : Dominos


Milkcows calf blues


黒のストラト、スライドチューン版に持ち替えてDoyleさんのスライドから始まります。
これは弾き方にも興味あったので勉強になりましたが、DolyeさんとECのダブルスライドはすごく決まっていてかっこよかったです。


If I had possession over judgement day

これもRAHに来てからの曲です。これも二人スライドで軽快に。リズム感良くて心地よい曲でした。

 では次のページ
 


Photo credits : Mr F


[ Shun&Lisa HomePage ] [ Index][ Impression 1 ] [次はここImpression 2